チラシ天国のサイトへ

「峠を汚す車と山菜採り」

2008年6月5日

国見峠・仙岩峠「明治の道」調査

「ヒヤ潟」より下部の「江戸の道」の痕跡を中心に一里塚擬定地まで調査し、併せて「明治の道」の調査を行う。

 県道国見温泉線と旧国道の分かれ道のゲートの鍵はキチンとかけられていたが、付近には山菜採りと見られる秋田ナンバーの車が7〜8台駐車していた。

 さらに一般車両の乗り入れ禁止地区にもかかわらず、どこから入ったのかゲートからヒヤ潟までの道路脇にも所々に山菜採りと思われる秋田ナンバーの車が駐車して、車の付近にはゴミを捨ててあった。採取したたけのこの皮を捨てていたり、入山のマナーが全く感じられないものだった。

 ヒヤ潟から、「明治の道」(明治9年完成の道)とほぼ重なるであろう東北電力の作業道に入り、ヒヤ潟の脇を通る「明治の道」の痕跡を確認。助小屋跡地を通り的方の秋田藩藩境塚周辺を調査。その後、一里塚の擬定地付近や「江戸の道」などを確認調査し、坂本川の折戸沢の登り口に下りて調査を終了した。

ゲートより内側に駐車してある車両

 

ヒヤ潟付近の「明治の道」痕跡

「明治の道」より秋田駒ヶ岳を望む

 

「江戸の道」の痕跡

的方周辺駐車車両

 

一里塚疑定地

一里塚から下る「江戸の道」

 

坂本川との合流点近く